<紀要論文>
精神分析のどこが間違っているのか

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 本論文では、フロイトを源とする精神分析に対する批判的な分析を行った。フロイトは神経症やヒステリーの原因を幼児期のリビドーの発達段階に求めた。フロイトによると神経症の患者は幼児期のトラウマが原因で神経症やヒステリーを発症する。本稿では、神経症の患者が組み立てるこうした幼児期のストーリーを構築主義や物語論から分析し、それを幼児期という時間軸における過去において語られたフィクションとして位置づけた。幼児...期のトラウマを中心に配置された患者の語りは分析医に語られることによって脱パラドクス化され、強固で安定したものになる。そこで筆者は、神経症やヒステリーの患者のドミナントなストーリーはコミュニケーション空間において理解されるものであるという論理をを組み立てた。人間は複雑に錯綜するコミュニケーションの結節点にいて、特定のドミナントな物語=コミュニケーションに捕らわれ、その他のコミュニケーションを処理できなくなったときに神経症やヒステリーになるのである。そこでは幼児期のトラウマを中心に語られた物語は個人を横断するコミュニケーションの一つであり、神経症やヒステリーの原因として絶対的な地位を獲得しないのである。続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000738025-00001 pdf 806 KB 410  

詳細

レコードID
selfDOI
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.09.14
更新日 2017.01.05