<紀要論文>
規範の社会学(1)

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 規範は、人間以外の動物にはなく、ヒトという種に固有なものであるから、社会秩序を考察するさいの鍵概念になりうる。本稿では、規範に「約束事としての側面」と「のぞましさとしての側面」とがあることを指摘した上で、まず、規範の生成論的説明として、(1)社会的行為の規範的性格ということを、デュルケームの社会的事実およびハーバーマスの普遍的語用論にそくして説明し、(2)行為と規範との関係を、ギデンズのいう実践(...practice)と規則(rule)との関係を援用しながら考察する。つぎに、規範の機能論的説明を試みるなかで、規範の実証的研究の可能性をさぐる。続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000050590-00001 pdf 1.12 MB 1,034  

詳細

レコードID
selfDOI
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.09.14
更新日 2017.01.05