<紀要論文>
「世間」における「部落民」に対する差別理由の多様性と偏在性

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 被差別部落で生活する人々をはじめ、部落問題に関わる人々の悩みのひとつに、「部落民はどういう理由で差別されているのか」という悩みがある。こうした悩みの原因に関してひとつの仮説を提示したい。その際、アイデンティティポリティクス論および野口道彦の「部落民」の定義に関する議論を検討することで、阿部謹也の「世間」論に着目する。本稿では「世間」を日本人の思考や行動の準拠枠と解釈し、「世間」に備わっている部落差...別の理由のあり方について、福岡県南の二つの自治体住民に対する量的調査の結果について分析する。それによって明らかにするのは以下の点である。すなわち、1)部落差別の理由は、部落差別独自の理由といえないようなものとして「世間」に備わっている。2)そうした理由は「世間」に多様なかたちで存在している。3)部落差別の理由には多くの「世間」に備わっているものとそうでないものがあり、全ての「世間」が同一の理由を備えているわけではない。4)こうした多様性と偏在性は、歴史的社会的に変化する、ということである。こうした「あり方」が、部落問題に関わる人々に、「部落」というレッテルとそこから一歩踏み込んだ差別理由との整合性、差別理由の妥当性を検討することを余儀なくさせている、というのがここで示そうとする仮説である。
For burakumin and those who are working on buraku discrimination, it is the critical problem to find the characteristic reason of prejudice against the burakumin. We analyze the way several reasons of prejudice are manifested in the Japanese sense of "social world" or seken, a concept proposed by Kinya Abe. The "Social world" is recognized as a frame of reference for Japanese thinking. We take a critical stance against identity-politics theory and Michihiko Noguchi's definition of burakumin, and adopt Abe's conception. We performed social surveys in two local communities in the southern region of Fukuoka prefecture. Our specific findings reveal the following characteristics of : 1. reasons of prejudice within the "social world" are nothing peculiar to the burakumin ; 2. the various reasons of prejudice recognized in the "social world" ; 3. each "social world" does not necessarily share the same set of reasons of prejudice, and some reasons prevail in numerous "social worlds" whereas some reasons exist in only a few; and 4. diverse and uneven reasons of prejudice are contingent upon the historical and social contexts. Based on the quantitative analysis of the survey results, we propose the following hypothesis why the aforementioned problem remains unsolved. As the "social world" expands its range, the burakumin often face additional reasons of prejudice. Consequently they are impelled to question the consistency between the labeling as burakumin in general and reasons of prejudice unique to individual cases, and also to scrutinize the validity of these reasons.
続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000050574-00001 pdf 1.57 MB 2,018  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.09.14
更新日 2017.01.05