<紀要論文>
現代社会における「死の社会学」 : 「タブー視される死」の再構成を通して

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 本稿は、「タブー視される死」の議論の検討をつうじて、現代社会における「死の社会学」の可能性を考察する。まず、フィリップ・アリエスによる、「タブー視される死」へと至る態度変容の枠組みが、近代社会の成立という視点と近代社会内部の区分という二つの視点から構成されていることを示す。その内実について、ピーター・バーガーの知識社会学などを踏まえながら、公的領域と私的領域、社会のなかの「家族と個人」という観点か...ら整理した。次に、「タブー視される死」という認識が、現在、別の現実を駆動させる上での出発点となっている点に注目した。本稿では、(1)「死の孤独化」や「死の隔離」の議論、(2)「死の社会性」の二つの議論から、現代社会における「死の社会学」の諸課題と可能性を検討し、これらの諸議論は、一方で、新しい死への態度理解に貢献するものとして、他方で、死への態度を理解する枠組みを変容させるものとして評価されうることを指摘した。続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000050573-00001 pdf 1.43 MB 2,661  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.09.14
更新日 2017.01.05