<紀要論文>
インドシナ定住難民の社会適応 : サポート・システムの分析を基軸として

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 本稿においては、日本で生計を営んでいるインドシナ難民と、彼らが所属する地域社会(公的支援団体,民間支援団体、地域住民、職場、教育・行政機関など)との関わりの趨勢を、定住促進を目的としたサポート・システムの分析を介して眺める。調査方法としては、ヒアリングによる事例調査と調査票による統計調査を併用し、以下の点について仮説の提唱を試みた。[1]サポート・システム利用の実態は、定住難民の抱える問題の変質に...伴って、いかなる変化を遂げつつあるのか(第2章)[2]援助・被援助の関係は、彼らの社会適応形態にどのような影響を及ぼしているのか(第3章)。今日、日本社会は、民族的多様性を社会的現実として緩やかに、しかし確実に内包しようと模索している段階にある。定住難民と地域社会との共生へ向けた試みの過程を記述することは、日本社会の将来に向けた一つの視座を提供すると考えられる。続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000050571-00001 pdf 3.11 MB 630  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.09.14
更新日 2017.01.05