<学術雑誌論文>
民間団体による野外教育・冒険教育の理念、特徴と課題

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 近年、野外教育・冒険教育のプログラムが、いくつかの民間団体によって実施されるようになった。その中で代表的な2つの団体が「財団法人日本アウトワード・バウンド協会」(OBS)と「株式会社プロジェクトアドベンチャージャパン」(PAJ)である。OBSが、自然環境における一定の危険を伴う冒険活動の重要性を強調する一方で、PAJは、特に子どもや若者たちにとっては、文字通りの意味の「冒険」だけではなく、心理的な...意味での「冒険」や「挑戦」も重要であると考えている。PAJのプログラムは、屋外の環境に限定されず、例えば体育館や教室などの室内でも実施される。本稿では、具体的なプログラムやアクティビティの事例として「NPO法人エー・ビー・シー野外教育センター」(ABC)のそれを取り上げ、野外教育・冒険教育の理念、特徴と課題について論じる。
In recent years, outdoor/adventure education programs have been practiced by several civilian organizations. Outward Bound School (OBS) and Project Adventure Japan (PAJ) are two representatives among those organizations. While OBS places much emphasis on risk-taking adventure activities in natural environment, PAJ regards adventure and challenge as important not only in literary meaning but also in psychological one especially for the young. As PAJ programs are not limited to outdoor settings, they are practiced in indoors, gymnasiums or classrooms, for example. In this article, taking programs and activities of ABC Outdoor Education Center (ABC) as a case, idea, characteristics, and some issues of outdoor/adventure education programs practiced by civilian organizations will be examined.
続きを見る

本文情報を非表示

lnel007_p029 pdf 2.81 MB 1,911  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2020.02.10