<学術雑誌論文>
「自然体験」が学生の認知に及ぼす効果に関する研究

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 「自然体験」が学生の認知にどのような効果を及ぼすのかを検証するために、まず、過去および現在における自然体験の有無と程度をもとに、自然体験の「非経験者群」と「経験者群」に学生を分類した。次に、自然や自然体験に関するいくつかの事実と現象を提示し、それらについての考えを記述してもらった内容を分析した。その結果、以下の諸点が明らかになった。1. 学生は「経験者群(教育系)」「非経験者群(教育系)」「非経験...者群(非教育系)」の3群に分類されたが、全体的な傾向として、記述の量はこの順で多い。2.「経験者群(教育系)」は、一人あたり言及命題数が、5つの問いのうち3つの問いにおいて他の2群より多く、質的にも内容のある記述をしている。3.「経験者群(教育系)」は、自然・自然体験そのものや、自分自身の直接的な体験にかかわる記述の量が多い。また、物事を子どもとその教育の視点で捉える傾向がある。4.「経験者群(教育系)」は、自然・自然体験にかかわる教育問題をより広い視野において捉えたり、自分自身の体験を反省的に意味づけたり表現したりする力が、必ずしも高くない。
In response to the recent revision of the Course of Study which places an emphasis on children's first-hand experience, varieties of Friendship Programs supported by the Ministry of Education and other voluntary programs have been implemented at not a few universities and colleges for teacher education. These programs are providing college students with experience in the nature and expecting that such experience will promote their personal and intellectual growth. To begin with, in this study, a group of students are divided into two different groups, the experienced and the unexperienced, in terms of the extent and frequency of their voluntary participation in activities in the nature. Then, they are asked to fill out the same questionnaire which probes their thoughts and ideas of several nature-related facts and phenomena. Through analyzing their description comparatively, the effect of experience in the nature on students' cognition are examined.
続きを見る

本文情報を非表示

p43-53 pdf 3.39 MB 222  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2011.07.29
更新日 2020.02.10