<学術雑誌論文>
児童生徒や学生の生活体験不足と今後の実践的課題 : 体験の調査を通して

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 児童生徒と大学生の遊びを含む生活体験の調査をアンケート法を用いて実施した。その結果、地域性や性差による違いと共に、電子機器を用いた体験を除いて、生活体験が益々減少傾向にあることが判った。また児童生徒や学生の体験の有無による違いが学習や生活だけでなく、野外教育センター(NPO法人)の実施するプログラム(連携や協働を促すゲーム等)を通してみた時、その影響が認められた。それに基づき生活体験の必要性を理科...の授業や野外教育等の視点から考察すると共に今後の課題について述べる。
We investigated life experiences including play activity by elementary school and junior high school students and university students through questionnaires. We found that with differences according to the district and the sex of the students, life experiences tend to decrease more and more, with the exception of experiences using electronic devices. The difference of life experiences among students,or whether or not they have them, was found to influence both the life and learning attitudes of those students, and also various games requiring collaboration and cooperation in programs given by the outside education center. In order to avoid this tendency, we discuss the necessity of increasing life experiences from the points of view of science education, and propose here how we are to resolve these issues for the future.
続きを見る

本文情報を非表示

p29-42 pdf 4.49 MB 443  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2011.07.29
更新日 2017.08.31