<学術雑誌論文>
現職研修におけるビジネスモデルの有効性とその限界

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 学校現場の課題は、「総合的な学習の時間」の創設をはじめとして、特色ある学校づくり、カリキュラムづくりである。このことの成否は、その担い手である教員の力量(資質)や保護者、地域社会の大人の参加、協働に左右される。これまでの教育改革は、教員の意識改革という視点で捉えるなら、その担い手である教員の校内での現職教育・研修のサポートが不十分だったために、必ずしも成功しなかったのではないかと思われる。そこで、...従来の現職研修システムを問い直し、総合的な学習の時間を始めとして一斉学習とは異なるこれからの授業を展開するためには、教師にどのような力量が求められるかを明らかにし、その力量を獲得するための問題点を考慮し教員の「学び」を支援するシステムづくりへの手法を提案する。続きを見る

本文情報を非表示

lnel002_p077 pdf 390 KB 112  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.08.31