<紀要論文>
ニヨッテ受動文の成立 : 『西国立志編』を資料として

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 現代日本語の受動文には少なくとも二種類、すなわち近代以前の日本語に固有の種類の受動文と、欧文直訳文体の影響によってもたらされた非固有の受動文がある、という説を支持することは、現段階においては妥当であると思われる。本論は、「欧文直訳文体の影響によってもたらされた非固有の受動文」(ニヨッテ受動文)とその周辺を、その萌芽期における近代初期の翻訳資料『西国立志編』を用いてその表れ方を調査し、考察を行うこと...を目的とする。続きを見る

本文情報を非表示

pa001 pdf 248 KB 125  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.04.22
更新日 2017.08.25