<紀要論文>
コメ貿易における関税削減と直接支払いのポリシーミックス

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 本研究では,貿易相手国をジャポニカ種の生産消費国と限定した上で連立方程式モデルによって,様々な条件を設定しシミュレーションを行ってきた.4つのシミュレーション結果を通していえることは,日本のコメ貿易の相手国を中国,アメリカ,オーストラリアに絞って考えると,最大の相手国は中国になるということである.日本が生産者への直接支払いや関税維持を行うことによって,中国は輸出の大きな減少を余儀なくされる一方,ア...メリカは,全体を通して30万tから50万t程度の輸出とその変化の幅が小さいオーストラリアに至っては貿易にほぼ影響を与えないという結果となっている.また日本国内では,上限関税を課した上でコメ生産量の減少を1割程度に抑えるためには,8,000億円以上の政府負担が必要となることがわかった.あるいは,政府負担を現状の4,000億円としてコメ生産量の減少を1割程度に抑えるためには,関税が350%必要となる.
In 2005, the United States suggested to impose the tariff cap of 75 percent at WTO agriculture negotiation meeting. After that meeting, there is no further negotiation. We, therefore, do not know what level of tariff will be best. In this paper, we formulate a simultaneous supply and demand equations model for international rice market. Japan, South Korea, The United States and Australia are selected in the model because those countries are important in the international Japonica rice market. This paper simulates the impacts of tariff and direct payments (price support) on domestic rice price, production and imports in Japan. 4 scenarios are designed to evaluate the effects. In addition, we also analyze changes of tariff and direct payments on rice international trade pattern among five countries.
続きを見る

本文情報を非表示

p113-118 pdf 368 KB 116  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.08.22