<紀要論文>
作物体内流速におよぼす土壌の水ポテンシャルの影響

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 乾燥地や施設栽培で作物栽培を行うとき,水ストレスは蒸散量および作物収量に大きく影響を及ぼす.土壌水分が徐々に減少し,乾燥する過程での水ポテンシャルと植物の応答について,pF3以上の乾燥状態で精度よく測定できるサイクロメータ法を用いて作物体を用いた実験を行った.土壌の水ポテンシャルがpF3までは植物は自由に土壌の水分を利用することができると言われているが,植物の体内流速からもpF3を越えた付近から,...植物は水ストレスによる影響を受け土壌の水分の利用に支障を来たすことが明らかとなった.また,pF4付近になると植物は土壌中の水をほとんど利用することができなくなった.これらの実験を通して,植物体内流速の観点から,しおれ点や生長阻害水分点の存在が検証できた.
Water stress on crop often occurs when crops are grown at dry area or greenhouse, and has an influence on quantity of transpiration and crops yield greatly. The cultivation experiment about plant response to water stress was conducted in a drying process using psychrometer method which was the most suitable method in dry states more than pF3 and also measured water velocity in crop. As results, it became clear from the viewpoint of water velocity in crop that water stress began to affect plant transpiration exceeded around pF3 that is depletion of moisture content for normal growth. In addition, the plant was not able to use most of the water in the soil when water potential near of pF4 that is wilting point. Therefore, the validity of wilting point and depletion of moisture content for normal growth was proved from the viewpoint of water velocity in crop.
続きを見る

本文情報を非表示

p107-111 pdf 384 KB 135  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.08.22

この資料を見た人はこんな資料も見ています