<紀要論文>
ステッピングモータ特性評価システムの構築

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 本研究では,ステッピングモータのスルーイング特性をほぼ自動的に得ることができる特性評価システムを構築した.本システムは,トルク測定部,脱調検出部,パルスレート測定部,及び計測制御用PCで構成した.本システムの有効性を確認するために行ったスルーイング特性試験から,次のように駆動回路を評価することができた.1)駆動電源とモータのコイルの間に取り付けた外付け抵抗が大きいほど,スルーイング特性は改善された....2)モータのコイルに並列に取り付けているダイオードを取り外すことによって,大幅にスルーイング特性が改善され,外付け抵抗10,15Ωの場合では,最大で1000(pps)付近までの高速駆動が可能であることが確認された.一方,100(pps)付近では,共振してトルクが急激に低下することも明らかとなった.本システムは,およそ20分の測定時間で,ほぼ自動的にスルーイング特性を得ることができる.したがって,利用するステッピングモータの特性を簡便に得るという目的を十分に果たせるものである.また,ステッビングモータ並びに駆動回路を付け変えることが容易であるため,ステッピングモータと駆動回路の組み合わせを考慮した特性試験を系統的に行うことが可能となった.
In this study, the evaluation system to obtain the slewing characteristics of the stepping motor automatically was constructed. This system was composed of the torque measurement part, the miss step measurement part, the pulse rate measurement part, and the PC for measurement and control. To confirm the effectiveness of this system, the slewing characteristic test was performed, and the drive circuit for the stepping motor was evaluated. The results obtained are summarized as follows: 1) The slewing characteristics was improved with increasing the value of resistance installed between the coil of motor and the power supply for driving. 2) The slewing characteristics was greatly improved by detaching the diode connected with the coil of motor in parallel, and it was confirmed that a high-speed drive to about 1000 (pps) for the resistance value 10 and 15Ω was possible. On the other hand, it became clear that the torque value in about 100 (pps) decreases rapidly by the resonance. 3) From the above results, it was found that this system was able to obtain the slewing characteristics automatically, and the measurement time was required for about 20 minutes.
続きを見る

本文情報を非表示

p015-028 pdf 1.25 MB 107  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.08.22