<紀要論文>
黒ボク土に対する有害無機陰イオンの吸着特性

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 ヒ酸イオン,クロム酸イオン,亜セレン酸イオン,セレン酸イオン,フッ化物イオンのアロフェン質黒ボク土に対する吸着(pH 5.0における)を調べた.比較対照として,リン酸イオンと硝酸イオンの吸着も調べた.各イオンの吸着等温線を作成し,Langmiur 式に当てはめて最大吸着量を推定し,吸着親和性の序列化を試みた.各イオンの推定最大吸着量から判断した吸着親和性の序列は,フッ化物イオン≫リン酸イオン>亜セ...レン酸イオン>ヒ酸イオン≫セレン酸イオン≧クロム酸イオン≧硝酸イオンであった.セレン酸イオン,クロム酸イオン,硝酸イオンの吸着では,水素イオンはほとんど消費されなかった.吸着時に起こる水素イオン消費量の序列は,フッ化物イオン≫リン酸イオン>亜セレン酸イオン>ヒ酸イオンであった.フッ化物イオン,リン酸イオン,亜セレン酸イオン,ヒ酸イオンは配位子交換反応をともなう内圏錯体の形態で吸着し,セレン酸イオン,クロム酸イオン,硝酸イオンは静電気的なイオン交換反応をともなう外圏錯体の形態で吸着すると推察された.土壌環境では,フッ素はイオン形態では動かず,一方,六価クロムは吸着されず非常に動きやすい化学種であることが確認された.
Toxic inorganic anions (arsenate, chromate, fluoride, selenate, and selenite) adsorptions, and the concomitant proton consumptions together with the sorptions were investigated using an allophanic andisol in Japan. The investigations of nitrate and phosphate adsorptions were also carried out as comparative data. The adsorption isotherm of each anion was made at suspension pH 5.0, analysed with the simple Langmiur equation. Judging from the estimated adsorption maximum, the order of adsorption affinity to the andisol was, fluoride≫phosphate >selenite>arsenate≫selenate≧chromate≧nitrate. The concomitant proton consumptions were not observed in the adsorptions of selenate, chromate and nitrate. The order of the concomitant proton consumptions together with the adsorptions was fluoride≫phosphate>selenite> arsenate. Our results confirm that fluoride, phosphate, selenite, and arsenate are adsorbed on the soil particle surfaces by ligand exchanges, forming the inner-sphere complexes, and that selenate, chromate and nitrate are attracted as an ion pair, outer-sphere surface complexes with water molecules between the anion ions and the soil surface.
続きを見る

本文情報を非表示

p007-013 pdf 521 KB 207  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.08.22