<紀要論文>
生態系モデルによるため池の窒素の動態解析と窒素量低減のためのシナリオ分析

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 本論文では福岡県糟屋郡篠栗町大勢門地区のといし河原池を対象に,硝酸態窒素・亜硝酸態窒素,アンモニア態窒素,有機態窒素を指標とした生態系モデルを用いて,窒素の動態モデルを構築した.本モデルでは,各態窒素の動態をワンボックスモデルによって表し,モデルパラメータは既往の文献値から,あるいは試行錯誤的に設定した.2005年9月~11月に実施した水質観測を本モデルにより再現し,計算結果と実測値を比較した.そ...の結果,両者に若干のズレは生じたものの,計算結果は実測値を概ね再現できたことから,本モデルにより硝酸態窒素・亜硝酸態窒素,アンモニア態窒素,有機態窒素の大局的な挙動を予測することは可能であると考えられた.解析対象池では,流入水と池水のTNは同程度にあり,農業用水水質基準を大きく超える高濃度の窒素が流出していた.そこで,池内の窒素低減のために,流入負荷をどの程度削減すればよいかをシナリオ分析により検討した.その結果,現在の流入水中の窒素量の60%以上を削減することにより,池内のTNは水質基準である1mg/Lを下回ることが示唆された.
A mathematical model was developed for predicting the daily variation in water quality of Toisigawara-ike, which is a small agricultural pond in Sasaguri Town, Fukuoka Prefecture, Japan. This model took into consideration the ecosystem's processes. In the modeling, the interactions among the three water quality indices of NOx-N, NH_4 -N, and Org-N were described by first-order kinetics. The model parameters were determined by referring to previous literatures and by conducting trial-and-error optimizations. The results indicated that the ecosystem model could successfully reproduce the daily variation in reservoir water quality despite its relatively simple model structure. Next, we investigated the issue of total nitrogen concentration because this value in the pond was much higher than the Japanese water quality standard required for paddy irrigation. In order to reduce the total nitrogen level in this pond to the level of paddy irrigattion, we examined how much the inflow load should be reduced based on the scenario analyses using the ecosystem model. The results indicated that it was necessary to reduce the current inflow load of nitrogen by 60% or more.
続きを見る

本文情報を非表示

p297-301 pdf 541 KB 87  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.08.08