<紀要論文>
農家管理による水田生態系保全を目的とした小型魚道の開発(Ⅲ) : 現地実験による魚道3タイプの遡上効果の実証

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 本研究は,住民参加による水路の生態系保全活動に資することを目的とした小型魚道の開発の一環として,現地実験によりラダー型魚道,フリュ-ム型魚道,コンテナ型魚道が,灌漑期の水管理に与える影響と魚類の遡上効果を実証し,施設の特性と課題について考察したものである.灌漑期の水路を用いた遡上実験で,オイカワZaccoplatypusを始めとする保全対象種などの遡上率が高く,水路を生息環境とする魚類のエコロジカ...ルコリドーの改善に効果的で,水管理に与える影響が少なく,地元農家からも好意的な意見が得られたことから,農家や住民が参加した環境保全活動に適した魚道であることがわかった.今後は,ラダー型魚道やプリュ-ム型魚道の維持管理の省力化,コンテナ型魚道の遡上効果の向上を予定している.
The objective of this study is to investigate the characteristics of aquatic animals, especially fishes in the irrigation and drainage channels, during paddy rice growing The effectiveness of settling three types of small-scale fishways, in the irrigation channels during irrigation season were studied respect to the easiness of fishes migration. The high migration efficiency of freshwater minnow (Zacco platypus) and other target fishes were obtained. It was concluded that the three types of fish ways were effective on recovering the ecological corridor in the irrigation channel networks. Additionally, the farmers accepted friendly these three types of fishways, as the small-scale fish ways did not impede rice paddy water management. From the results obtained, it will be expected in the future fish ways will be controlled by the farmer's participation for preserving aquatic environment in the irrigation channel networks.
続きを見る

本文情報を非表示

p237-246 pdf 1.74 MB 91  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2020.11.17