<紀要論文>
ワセリン・シーリング葉のクロロフィル蛍光値によるサツマイモ個葉の炭酸固定能力の評価

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 ワセリンをサツマイモ個葉の両面に塗布してガス交換遮断した状態でクロロフィル蛍光を測定して電子伝達速度をもとめ,薬内の炭酸固定能力を推定,評価した.老化程度の異なる個葉を供試し,種々の光強度下でガス交換速度とクロロフィル蛍光を測定した.炭酸固定能力(酸素濃度2%の空気を使用し,光呼吸制御状態で測定した光合成速度)とワセリン塗布処理後の電子伝達速度との間に正の直線関係が認められ,クロロフィル蛍光測定値...から炭酸固定能力を推定,評価することが可能であった.ワセリン・シーリング法を用いた場合,蛍光測定作業効率の改善が認められ,特に,個葉の保存に顕著な効果が認められた.植物体から切り離した個柔にワセリンを塗布し,高湿度,遮光,常温下で保存すると,サンプリング後約2時間,活性が維持され,この時間内であれば,サンプリング時と同レベルの電子伝達速度測定値を得ることができた.このように,本法ではサンプリング後の任意の時間帯に保存個葉の一括測定が可能となり,測定手順が単純化されるため,多数の個葉を対象に炭酸固定能力の評価を迅速に行なうことができる.
The leaf photosynthetic potential was evaluated based on the electron transport rate (ETR) of the photosystem Ⅱ in a sweet potato leaf the surface of which was sealed with Vaseline to stop the gas exchange flow. Directly after the total carbon assimilation rate (Pg_2%, or photosynthetic potential) of a leaf was measured in 2%-O_2 air, the leaf was sealed with Vaseline and the ETR was measured. These measurements were tested using young to aged leaves at different light intensities. A close positive relationship was found between Pg_2% and ETR. This result indicates that Pg_2%, or the leaf photosynthetic potential, is estimated by this method. When the detached leaf was Vaseline-sealed and placed in a moistened vinyl-bag in the shade at room temperature, the activity of the preserved leaves was sustained for more than two hours after sampling. Since the chlorophyll fluorescence of a Vaseline-sealed leaf can be monitored within a few minutes, a lot of stocked leaves are possible to be measured collectively. The value obtained is used as a selection criterion for the leaf photosynthetic.
続きを見る

本文情報を非表示

p185-191 pdf 619 KB 100  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2020.10.13