<紀要論文>
ハカタユリ (Lilium brownii var. colchesteri) 我が国への伝来および名称の由来に関する考察

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 ハカタユリの原産地は中国で,中国で「百合」はハカタユリのことである.ハカタユリは韓国で古くから「唐ユリ」という名前で知られていたこと,現在韓国では経済栽培は行われていないが,農家の庭先で広く栽培されていること,さらには,韓国,壱岐,岐阜に生きるハカタユリの遺伝子分析の結果などから,伝達経路は中国一朝鮮半島-博多と考えるのが最も合理的であると思われる.(トウガラシのように日本一朝鮮半島の例もあるので...,中国-日本一朝鮮半島のルートも考えられる.)日本に最初にもたらされた球根が全国に広がったと考えなくても,クローンであることから,朝鮮半島にあるハカタユリが様々な経路で,複数回にわたって,異なる時代に入ってきたと考えることも可能である.桃山時代(1568-1600)に作られた能衣装「茶地百合御所車模様縫箔」に刺繍されているユリが最も古いハカタユリの形としての記録であり,文字としては犬子供集(1633)に収録されている俳句である.鎌倉時代という証拠はなにもない.岐阜には江戸からもたらされ,たまたま生育に適したところであったため,ながく生きながらえたと考える.
History of Brown's lily (= Hakata lily, Lilium brownii var. colchesteri) in Japan was discussed based on the survey of the old fine arts, fabrics and literature. It is considered that the lily was introduced from China probably through Korean peninsula in the era of Momoyama (1568-1600). The lily may have arrived first at Hakata, the old name of Fukuoka city, and thereby it obtained the Japanese name of Hakata lily. It spread from Hakata to various places including Kyoto and Yedo (Tokyo), both the capitals in those days. Mizunami city in Gifu Prefecture is one of the places where the lily has been maintained. The lily there might have been brought from Yedo (Tokyo) in early 1800s.
続きを見る

本文情報を非表示

p145-163 pdf 4.89 MB 224  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.08.01