<会議発表ポスター>
Trustworthy SNS for Institutional Repositories

作成者
本文言語
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 In recent years, SNS (Social Networking Service) are attracting attention in the field of web services. SNS is the communication system which focuses on social relations between users, such as a frien...d and a group, named a community. Thus, SNS is useful for the institutional repositories in the sense that they can 1) increase the time and frequency of use by users, and 2) categorize or utilize the contents using the community information. However in SNS nowadays, the increase of spam messages is becoming a problem. This is considered to be because a user authentication at the time of registration depends only on 1) the invitation from the existing user and 2) an effective mail address. In this presentation, the method of 1) authenticating the affiliation correctly at the time of registration, and of 2) exhibiting a real name only within affiliation and opening only an affiliation name to outside the affiliation, are shown based on literature [1], Moreover, its current state after an experimental installation are described.
近年,Web サービスの分野で,SNS(Social Networking Service)というサービスが注目されている.SNS は,友人や,コミュニティという名のグループといった,利用者間の社会的なつながりを重視したコミュニケーションシステムである.このことからSNS は,1.利用時間と頻度を上げることができる,2.コミュニティの情報を用いて分類ができるという点で,機関リポジトリにとって有用である.ところが最近の一般のSNS においては,迷惑なメッセージが増えていることが問題になりつつある.これは,利用者の登録時の認証を,既存利用者からの招待と,有効なメールアドレスを登録するという2 点にのみ頼っている事が原因であると考えられる.本発表では,1.登録時に所属を確実に認証する,2.所属内でのみ実名を公開し,所属外の人には所属名のみ公開する,という方法とその実装を,文献[1]に基づいて紹介し,試験導入後の運用状況を述べる.
続きを見る

本文情報を非表示

DRFIC_SNS_A3 pdf 1.05 MB 64  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
注記
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2018.08.22