<会議発表ポスター>
IR and RI : 外部システムからのスムーズな利用

作成者
本文言語
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 In this paper, cooperation of an institutional repository system (hereafter, IR) and the Kyushu University Researcher Information System (hereafter, RI), which is an external system which publishes re...searcher's information within the institution, is introduced based on literature [1, 2], and the present operation result is described. RI has the common data with IR for literature information, and the data is rich where the rate of input is 99%. The increase of a user of RI can be expected by cooperating so that a user can both use IR and IR unconsciously. However, there are problems: (1) a literature information on both does not exactly match, (2) we should minimize the increase of the time and the labor of users or an administrator, (3) the change to the both existing systems should be minimum, and (4)researcher's intention should be reflected as much as possible. For the problems, we took an approach of not relying only on a static link, but the dynamic one by a searching scheme, resulting in minimizing the database for linking, which only manages the links intended by researchers.
本論文では,機関リポジトリシステムと,機関研究者の情報を公開する外部システムである九州大学研究者情報システム(以下,研究者情報)との連携事例を文献[1,2]に基づき紹介し,現在の運用状況を述べる.研究者情報は,文献情報という機関リポジトリと共通のデータを持ち,データ入力率が99%と充実している.利用者が知らず知らず機関リポジトリと研究者情報の両方利用できるように連携することで,機関リポジトリの利用者増を見込むことができる.ただし,この連携には,(1)双方の文献情報を一意に紐づけることができない,(2)利用者や管理者の手間を極力増やさない,(3)既存の両システムにできるだけ変更を加えない,(4)研究者の意思をできるだけ反映する,といった課題がある.我々は,システム間の連携を静的なリンクではなく,検索による動的なリンクにより紐付けのためのデータベースを極力小さく押さえながら,研究者の意図する紐付けだけはデータベースで管理する,という方法をとった.
続きを見る

本文情報を非表示

DRFIC_IRRI_A3 pdf 187 KB 63  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
注記
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2018.08.22

この資料を見た人はこんな資料も見ています