<紀要論文>
ジョン・フォーテスキュー著『自然法論 第二部』(邦訳)(三)

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
目次 第二三章 男に服している女だけが、男を支配することができる。 第二四章 女の本性的な弱さは、女を統治から排除するのではなく、女が〔統治から〕排除される理由を示している。 第二五章 女が最高位で統治することができないということは、神の判決によって示される。 第二六章 かくして今や、神法の判決が探求されるべきである。 第二八章 神法は人法よりも一層強く、女を 王位から排除する。 第二九章 提起された問題は自然法によってのみ完全に解決されうる。 第三〇章 神の判決は、女が最高位において統治することを法的に(de jure)許容しない。しかし、自然法は、女がそのように統治することを法的にも事実上も(de facto)許すものではない。 第三一章 最初に王の弟は〔王の〕孫の比喩を論難する。 第三二章〔王の〕孫が提示した事例は彼の権原と同じものではない。

本文情報を非表示

hosei74-1_p129 pdf 1.41 MB 74  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2013.05.02
更新日 2017.07.26