<紀要論文>
サウディアラビア北部紅海沿岸における社会環境

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 Al-Wajh Bank was selected as the Model Area, where is an important ecosystem representative of the entire Study Area, stretching approximately 1000 kilometers. In the northern region of the Study Area... including the Model Area, that is sparsely populated and where there are a limited number of large-scale development projects, impacts from development projects on the natural biological environment along the coast of northern Red Sea, from the Gulf of Aqaba to Umluj, are insignificant. In this region, however, grazing and fishing continue to be major causes of significant human-induced impacts on the natural resources. The changing life style of full-scale nomadic Bedouins, who have become more or less settled, can be a serious environmental concern since it could cause over-grazing in the areas surrounding their settlements. The traditional practice of setting grazing land aside as ‘hima’ should be re-evaluated and implemented by local communities to avoid major impacts from grazing. The growing demand for fish in large cities has been encouraging fishing businesses to expand their operations. While impacts from the traditional fishing practices on fisheries resources are relatively limited, the modern fishing businesses practice more indiscriminate and intensive operations. If the trend of expanding fishing businesses continues, the resulting overp-fishing may become a serious threat to the marine natural resources in the Model Area. To conserve the coastal biological environment and to implement sustainable practices of traditional industries in local areas, therefore, the following recommendation is made: 1) the changing life style of Bedouins should be continually monitored; 2) practice of the ‘hima’ system should be studied to sustain the grazing industry; 3) operations of fishing businesses and the marketing/distribution systems should be monitored; and 4) marine protected areas should be established upon consideration of sustaining the traditional fishing practices.
約1,000kmに渡る北部紅海沿岸の広域調査の結果,生態系の最も豊かなモデル調査地域としてアルワジ・バンクを選択した。同地域は,広域調査全域の北部に当たる。人口も希薄で,大規模開発は少ないため,アカバ湾からウムルジまでの自然環境は,開発事業による影響はわずかである。しかし,この地域おいても,放牧と漁業など,入間活動が原因となって引き起こされた自然資源への大きな影響は続いている。特に放牧は,近年変化し,ベドウィンが定職を得て,定住化し,遊牧はすでに行っていない。このため定住地周辺での放牧地の過剰利用が懸念される。ただし,ベドウィンは熱帯乾燥地における長い歴史の間に,過放牧への対処を獲得していた。牧草保護区たる「ヒマ」がそれで,「ヒマ」は部族コミュニティーによって伝統的手法として維持されてきた。地域コミュニティーによる放牧地の計画的な利用と保護管理が必要である。「個人操業型」の伝統的な漁業活動は,小規模で,消極的であるため漁業資源への影響は少ない。一方、旺盛な大都市での魚需要に結びついて大都市市場へ出荷する「漁業ビジネス(=ボート・オーナー商人)型」の活動は,活発になっている。今日の「漁業ビジネス型」の活動は,一段と集約的な操業になる可能性がある。「漁業ビジネス型」が現在以上に盛んになると,モデル調査地域の海洋資源に対して重大な危惧となる過剰漁業となりかねない。沿岸の生物環境を保全し,地域における伝統産業を持続可能な産業として振興していくために,次の4項目を提言する。1)ベドウィンにおける生活体系の変遷に対するモニタリングを続ける。2)「ヒマ」システムの再現を,持続可能な放牧業のために研究する。3)「漁業ビジネス型」の操業や市場出荷方法などのモニタリングを続ける。4)伝統的な漁業の持続可能性に配慮した上で,海洋保護区の設立を計画する。
続きを見る

本文情報を非表示

scs08p067 pdf 2.17 MB 151  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.07.26