<紀要論文>
西日本古代人における前頭洞形態の時代変化

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 北部九州・山口地方出土の縄文時代人から現代人にいたる頭蓋骨675個について,レントゲン撮影による前頭洞形質の時代変化を分析した.縄文人に較べて,後世の特に渡来系弥生人と呼ばれる北部九州・山ロ地方弥生人は,前頭洞のサイズが小さく,幅に比して高さが低いという点で明らかな違いが見られた.同傾向は弥生以降の人々にも受け継がれるが,中世期にやや特異な変化が認められ,従来の頭蓋計測に基づく結果と類似した時代変...化の様相が明らかとなった.また,種子島の広田弥生人男性には,頭蓋形態や歯と同様,前頭洞でも縄文入的な特徴が認められ,一方,アイヌと縄文人,およびこの両者と沖縄の近世人の間にも類縁関係が窺われた.続きを見る

本文情報を非表示

scs06p029 pdf 2.24 MB 318  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.04.22
更新日 2017.07.26