<学術雑誌論文>
韓国人日本語学習者を対象とした日本語の文構成能力に関する研究

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 本研究の目的は,「日本語と韓国語の文構成は杉田(1994b)が主張するように異なっているかどうか」と「韓国人日本語学習者の日本語能力と日本語の文構成能力の関係」を明らかにすることである。そのため,日本人16名,韓国人64名を対象に12の論説文を配列する課題を課す方法で調査を実施した。その結果,次のことが明らかになった。(i)杉田(1994b)の研究とは違って日本語と韓国語の文構成はよく似ている。(...ii)韓国人は日本語能力の向上につれ日本人と非常によく似た文構成パターンを示すようになる。(iii)習得に関しては,結論部より冒頭部の文構成の習得が容易である。
This research was aimed at clarifying whether the Japanese and Korean sentences are different, as Sugita (l994b) insists, and correlations between Japanese competency of Korean Japanese learners and competency of arrangement Japanese sentences of Korean Japanese learners. In this study, 16 native Japanese speakers and 64 Korean learners of Japanese were compared. Participants were required to arrange parts of a text that was separated into 12 sections. Results demonstrated that Japanese and Korean sentences look different from the research of Sugita (1994b). The Korean learners' Japanese skills improved. They were able to emulate native Japanese speakers' abilities to compose texts. Furthermore, this study clarified that initial sentence structure is more easily acquired than the body or conclusion of sentences.
続きを見る

本文情報を非表示

日本語教育論集_22 pdf 2.52 MB 153  

詳細

レコードID
査読有無
権利関係
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.07.14