<紀要論文>
「幼児の不安認知と対処能力についての発達的変化」

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 This study examined how do the cognition aroused by anxious scene, so called cognizable anxiety and anxiety coping ability develop. This study also examined whether the continuity between cognizable a...nxiety and anxiety coping exists. Furthermore, the study examined whether cognizable anxiety in young children has relation with separation anxiety. 90 children (ages 3-6 years) were interviewed using 8 pictures which represented anxious scene. The mothers of the children were administered the scale about separation anxiety. Anxiety aroused by pictures declined, as children grew older. On the other hand, anxiety coping ability improved, as children grew older. The assumption of the continuity between cognizable anxiety and anxiety coping ability was almost supported. The result from the 8 pictures shown that of change with the development of children about anxiety and coping ability have 3 patterns. Results about correlation between cognizable anxiety aroused by pictures and the scores from separation anxiety scale verified that anxiety had various aspects.
本研究では, 不安を喚起する状況についての認知を「不安認知」と名づけ, 幼児において不安認知と対処能力はどのように発達していくのかということ, またその2つに連続性があるのかということ, そして不安認知とと分離不安の関連について調べた。3歳から6歳までの子ども90人に8枚の不安状況場面の図版を用いて面接調査を行った。また被験児の母親に分離不安に関する質問紙を実施した。結果として, 加齢につれて認知された不安が低下していくことがわかった。対処能力は加齢につれて上がっていくようであった。不安認知と対処能力の連続性についての推論は一応支持された。また,この加齢による変化に3つのパターンが見られ, 分けられた図版の内容もパターンごとに傾向が見られた。母親の分離不安調査と図版によって調べられた認知される不安との関連についての結果から, 不安に様々な側面が存在することが確認された。
続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000700568-00001 pdf 1.26 MB 415  

詳細

レコードID
selfDOI
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.09.14
更新日 2016.12.28