<学術雑誌論文>
仮性狂犬病ウイルスの遺伝子発現調節因子と神経病原性

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 Pseudorabies virus (PRV)is also known by its taxonomic name,suid herpesvirus 1,or by its original name,Aujeszky’s disease virus. PRV is a swine herpesvirus of the Alphaherpesvirinae subfamily to which... varicella-zoster virus (VZV) and herpes simplex virus type 1 (HSV-1)and type 2 (HSV-2)belong. PRV is a pathogen of swine resulting in devastating disease and economic losses worldwide. It causes severe neurological disorders in infected piglets and latent infection in surviving pigs. PRV also causes acute and often fatal infection in other domestic and wild animals. PRV has been of interest to virologists and neurobiologists. This herpesvirus has served as a useful model organism for the study of herpesvirus biology. The virus has also been used as a “live”tracer of neuronal pathways, making use of its remarkable propensity to infect synaptically connected neurons. Transcription factors of alphaherpesviruses not only control the expression of their own viral genes,but also influence the gene expression of other viruses and mammalian cells. This review focuses on recent reports regarding the use of transgenic mice to study the contributions of PRV transcription factors to the neuropathogenicity and the functions of their transcriptional regulatory elements.
仮性狂犬病ウイルス(PRV)は,別名オーエスキー病ウイルスとも呼ばれ,単純ヘルペスウイルスや水痘―帯状疱疹ウイルスと同じアルファヘルペスウイルスである.PRV はブタを宿主とするが,ブタ以外の動物に感染した場合,感染動物は掻痒を主徴とする神経症状を呈し急性経過で死亡することが知られている.ウイルス学研究者には,ヘルペスウイルス研究のモデルとして,また,神経生物学研究者には神経経路の“生きた”トレーサーとして使用されてきた.本総説では,PRVの神経病原性に重要な役割を果たすウイルス遺伝子のプロモーターの組織特異性やそのウイルス遺伝子の発現がマウス個体に及ぼす作用について,トランスジェニックマウスの解析から得られた成績を紹介する.PRV の最も重要な転写調節因子であるIE180を発現するトランスジェニックマウスは,歩行中のよろめき,横転,全身の震え等の神経症状を呈した.また,このマウスの小脳は対照のマウスに比べ小さく,層構築が不規則で,一部分子層ならびに顆粒層の欠如が観察され,IE 180の発現が小脳形成障害を引き起こすことが示された.
続きを見る

本文情報を非表示

fam98-10_p364 pdf 383 KB 81  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.07.31