<紀要論文>
再認記憶における刺激特徴の追加と削除の非対称性(1)

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 This article reviewed a number of studies which revealed superiority of addition over deletion. Such an asymmetric effect was found in picture recognitioa memory, discrimination learning, proofreading... for misspellings and so on. However, few studies have controlled typicality of original stimulus or the effect of addition and deletion on typicality of changed stimulus. Therefore this article focussed particularly on the studies in which addition and deletion applied to original stimulus was distinguished from those applied to changed stimulus.
本研究は, 削除に対する追加の優位性を明らかにした数多くの研究をレビューする。そのような追加と削除の非対称な効果は, 絵の再認記憶や, 弁別学習課題, ミススペルの校正課題などにおいて発見された。しかしながらほとんどの研究は, 刺激の典型性や, 追加・削除が変化刺激の典型性へ及ぼす効果をコントロールしていない。そのため本研究は, オリジナル刺激に対する追加・削除と, 変化させた刺激に対する追加・削除を区別して扱った研究に特に焦点を当てる。
続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000700555-00001 pdf 1.06 MB 139  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.09.14
更新日 2016.12.28