<紀要論文>
オープン・クリニック・スタイルによる不登校児童の発達支援の試み : スクールカウンセリングの一事例から

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 I tried assisting the psychological development of a girl with school refusal caused by separation anxiety disorders by meeting her and her mother in the counseling room of her school, for school is a...n essential part of children's life. In the process of a series of counseling, I applied a new helping method which was different from traditional ones, and named it the OPEN clinic style. The procedures were as follows: 1) The couselor invited the client to the counseling room in the school with her mother, and at first secured them the mother-daughter relationship in the school environment. 2) Then in the counseling room, the counselor began intervene in their mother-daughter relationship, intending to separate them. 3) In parallel with step 2), the counselor communicated with her home-room teacher and started to make preparations for her to be received into the class. 4) Utilizing the opportunities to have visits from classmates, the couselor promoted the interaction between her and her classmates to make it easier for her to return to her class.
筆者は, 学校という子どもたちが生活する場の中に置かれたカウンセリングルームにおいて, 分離不安障害による不登校児童の発達支援を試みた。その過程で, 従来のクリニック方式とは異なる新しい援助方式を用い, それをオープン・クリニック・スタイルと名づけた。その方式の手順は, 以下に示す通りであった。 1)クライエントを母親とともに学校内のカウンセリングルームに招き入れ, その時点での母子関係を十分に保証する。  2)カウンセリングルームの中で母子の分離を意図して介入する。  3)2)と並行して担任教諭とコミュニケーションをとり, 学級の受け入れ準備を始める。  4)クラスメートの来訪の機会を利用して, クラスメートとの交流を促進し, クライエントの学級復帰をめざした。
続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000700554-00001 pdf 684 KB 239  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.09.14
更新日 2016.12.28