<紀要論文>
規範の社会学(2)

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 規範が慣習、道徳、法の3つからなることを明らかにした後、規範が、正常と異常、合法と不法、健康と病気、善と悪といった二項対立の空間を、社会に生み出すことを示す。つぎにヨーロッパにおける近代の起源に4つのメルクマールがあることを示した上で、社会の4つの領域における作動メカニズムとして、資本主義、民主主義、近代科学と技術、近代的人間類型があることを明らかにする。さらに近代社会における機能分化と個人主義の...原理にもとづいて発生する秩序問題の解法を、パーソンズ、ルーマンの学問的貢献を通してあとづけた上で、社会秩序の中核をなす自由および正義への道程を模索する。続きを見る

本文情報を非表示

KJ00004492701 pdf 1.62 MB 2,334  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.06.09