<会議発表論文>
マルチ・クラスタ型コア・プロセッサにおける信頼性と性能のトレードオフ

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 近年では性能と消費電力だけでなく,信頼性を考慮したプロセッサが要求されている.この3つの要 求に対して、我々はマルチ・クラスタ型コア・プロセッサを提案している.提案方式では,性能,消 費電力,信頼性のトレードオフを考慮したプロセッサ構成でプログラムを実行する.高性能が要求さ れる時はプロセッサ全体で動作し,省電力が要求される時はプロセッサの一部で動作し,使用しない 部分の電源電圧の供給を止める.ま...た高信頼性を必要とするときは空間的冗長性を利用し,冗長実行 を行う.本稿では,提案手法の性能と信頼性のトレードオフに着目し,2 つの冗長実行モードの性能 と信頼性のトレードオフの定式化を行う.
Modern microprocessors requires dependability as well as high-performance and powerefficiency. We are investigating multiple clustered-core processors to achieve three requirements. The proposed processor executes the program with considering the trade-off between performance, power, and dependability. When high performance is requested, the whole processor is utilized. In contrast, when low power is expected, the portion of the processor is utilized. The unused portion is turned off and thus power consumption is reduced. Furthermore, when high dependability is required, the multiple clustered-core processor exploits space redundancy and redundantly executes the program. In this paper, we focus on the trade-off between performance and power, and formulate the trade-off for two dependability schemes we propose.
続きを見る

本文情報を非表示

funaki07_1 pdf 479 KB 65  

詳細

レコードID
査読有無
権利関係
関連情報
注記
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.06.07