<会議発表論文>
現実世界の制約を考慮したRFIDシステムのリンク不能性に関する考察

作成者
本文言語
発行日
収録物名
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 RFID システムにおいて,ハッシュ関数等を用いてRFID タグの出力を毎回変更し,タグ出力間のリンクを困難にすることにより,第三者によるユーザの位置追跡を防止する方式が提案されてきた.しかしながら,タグ出力と同時に観測される位置情報には,現実世界の制約のため強い相関が存在する.このため,第三者による位置追跡の危険性が依然としてあるといえる.本発表では,現実世界の制約を考慮したRFID システムの...リンク不能性について議論し,第三者による位置追跡能力との関係について考察する.
Unlinkability, the property that prevents an adversary recognizing whether outputs are from the same user, is an important concept in RFID. There are many proposed schemes that provide unlinkability, however most of the schemes don’t consider restrictions of the real world. In this paper, we discuss the unlinkability of RFID systems considering restrictions of the real world.
続きを見る

本文情報を非表示

nohara06_2 pdf 186 KB 50  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
注記
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.06.07

この資料を見た人はこんな資料も見ています