<学術雑誌論文>
DRAM/ロジック混載LSI向け高性能/低消費電力キャッシュ・アーキテクチャ

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 DRAMとロジックの混載は, 21世紀のSOC(System-On-a-Chip)時代を支える最も重要な技術の1つである.従来は分チップ構成であったCPUと主記憶を1チップ化することにより, 今までにない新しい計算機構成法の実現が可能となる.本稿では, 特にオンチップ・メモリシステムに焦点を当て, 著者らがこれまでに提案してきたDRAM/ロジック混載LSI向けキャッシュ・アーキテクチャについて議論...する.これらのキャッシュは, DRAM/ロジック混載LSIの特徴である高オンチップ・メモリバンド幅を有効に活用し, その潜在能力を引き出すことで, 高性能かつ低消費エネルギーなオンチップ・メモリシステムの実現を可能にする.
Integrating main memory and microprocessors into the same chip is one of the most important technologies for future SOC(System-On-a-Chip). The integration makes it possible to realize novel memory architectures because of eliminating the chip boundary between the main memory and microprocessors. This paper discusses cache architectures for high-performance/low-power memory systems on merged DRAM/logic LSIs. The caches make good use of the attainable high on-chip memory bandwidth, and try to bring out potential advantages of the merged DRAM/logic LSIs.
続きを見る

本文情報を非表示

Inoue9 pdf 502 KB 57  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.06.07