<テクニカルレポート>
制御依存およびデータ依存制約を緩和することの効果 : Lam and Wilsonの評価結果の改訂

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 プログラムを並列実行する際に並列度を決定する要因となるのは主に命令間のデータ依存と制御依存である.従来は依存解析範囲の問題から命令間のデータ依存の解析が重視されていたが, LSIの高集積化と大規模化により同時実行可能な命令数が増加したため広範囲の命令間の依存解析による並列度の向上が求められている.本論文ではデータ依存と制御依存による実行時の制約を緩和するためのの対処法を示し, その組合せの違いが並...列度に与える影響を検証した.
Two fundamental restrictions that limit the amount of instruction level parallelism extracted from sequential programs are control flow and data flow. In the past processors mainly use parallelism obtained by analyzing data flow dependences. But the increased density of transistor and the enlargement of LSI enable us to execute more instructions simultaneously and claim us to analyze larger area of instcutions for more parallelism. This paper describes the techniques to relax the constraints imposed by data dependence and define the abstract machine models using these techniques. Final destination of this work is to evaluate the effect of these models.
続きを見る

本文情報を非表示

Metsugi1 pdf 100 KB 112  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
注記
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.06.06