<紀要論文>
スポーツ選手のメンタルヘルス評価尺度改訂版の作成

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 This study was conducted to develop a revised version of the mental health scale for athletes (MHSA-2) introduced by Murakami et al. (2001), and to examine its reliability and validity, and furthermo...re, to establish its evaluation standard. A survey was conducted regarding on 469 athletes belonging to sports clubs in order to construct and standerdize the MHSA-2. A questionnaire was prepared containing 57 questions for the purpose of constructing MHSA-2, 33 concerning competitive situations, and 24 regarding daily life. First, the responses were analyzed by factor analysis and the revised version was made, consisting of 7 factors: challenge, self-understanding, adaptation to injury, display of individuality, ability to respond to critical situations, positive thinking, adaptation to the team, for competitive situations and 5 factors: sleep condition, conditioning mind and body, fatigue and stress, dietary life condition, drinking and smoking, for daily life. Next, the reliability of MHSA-2 was examined through Cronbach's a, the split-half method. The resulting coefficients of the 7 factors for competitive situations and the 5 factors for daily life were .67-.82 and .65-.81, respectively. Thus, this version's reliability was verified as satisfactory. Furthermore, criterion- related validity for each of the 12 factors was analyzed, and the validity for each factors was proven. Finally, from analysis of the score distributions, an evaluation standard of five phases was established, which can be applied similarly to athletes but differently to male and female athletes.
本研究の目的は,著者ら14)が作成したスポーツ選 手のメンタルヘルス評価尺度の改訂版(MHSA-2)を作成し,信頼性と妥当性を検証するとともに評価基 準を設定することであった。高校生および大学生スポーツ選手469名を対象として分析が行われた。 その結果はつぎのように要約できる。 1.スポーツ選手のメンタルヘルス評価尺度の改訂版として,競技場面については挑戦的態度,自己理解, ケガヘの対応,個性の発揮,危機回避能力,積極的思考,チームヘの適応の7因子30項目,日常生活の コントロールについては睡眠,心身のコンディショニング,疲労・ストレスの対処,食事,酒・タバコ のコントロールの5因子18項目から構成される改訂版尺度を作成した。 2.改訂版尺度のα係数および折半法によって信頼性が検討され,さらに基準関連妥当性が検討された。 検討の結果は比較的満足できるものであり,改訂版尺度は信頼性と妥当性を有することが確認された。 3.新たに構成された下位尺度の得点分布をもとに相対評価法の一つとしてよく利用されている5段階と 3段階の評価基準が比較検討され,5段階が評価基準として採用された。 以上のことから,診断検査としてさらに信頼性や妥当性が得られたものと考え,5段階の評価基準を設定 することができた。また,MHSA-2によって,個人や集団のメンタルヘルスや生活習慣が把握でき,スポー ツ障害の予防やメンタルヘルスの悪化の防止のために,健全な指導を行う上において極めて有効だと思われる。
続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000704680-00001 pdf 1.04 MB 546  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.09.11
更新日 2018.06.12

この資料を見た人はこんな資料も見ています