<紀要論文>
青少年の生活習慣が健康度評価に及ぼす影響

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 The relation between life habits and evaluated health levels was analyzed for 1,424 junior and senior high school and college students to obtain the following results: 1.Habitual behavior in daily l...ife had a remarkable relation, in respect to each questionnaire item, each factor and total score, with the evaluated health level (score for each of the three health factors and total score). Physical health was most affected followed by social health with mental health being the least affected. 2.Physical activity, eating habits, relaxation and sleep were all remarkable related to the evaluated level of health. The life habits of all these categories had a remarkable relation with physical health, in particular. 3.The tendencies 1and 2 above were commonly observed in all age groups of the subjects and in both males and females. It was thus clarified that those who maintain desirable life habits marked a higher level in health evaluation, which was remarkable observed in the physical health level.
中学生,高校生,大学生の1,424名を対象に,「健 康度・生活習慣診断検査(HLH.1)」を実施し,生活習慣と健康度評価の関係を分析した。その結果は以下のとおりである。 1.生活習慣行動は質問項目別,因子別及び総合得点でみても健康度評価(3因子別及び総合得点)と顕著な関係がみられた。また,身体的健康度に 最も影響し,次に社会的健康度,そして精神的健康度という順序で関係していた。2.運動条件,食生活状況,休養状況,睡眠状況は いずれも健康度評価と顕著な関係がみられ,いずれも身体的健康度に顕著な関係がみられた。3.以上の傾向は,各年代,男女に共通しており, 望ましい生活習慣を実施している者は健康度評価が高く,その傾向は身体的健康度で顕著であることが明らかにされた。
続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000093120-00001 pdf 872 KB 900  

詳細

レコードID
selfDOI
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.09.11
更新日 2018.06.12