<テクニカルレポート>
可変電源電圧プロセッサに対するリアルタイムタスクスケジューリング手法

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 動的に電源電圧を変化させ, その性能と消費電力を制御できる可変電源電圧プロセッサをリアルタイムシステムに用いる場合のタスクスケジューリング手法を提案する.タスクの処理に対して電源電圧を下げることで, システムの消費電力を削減することができるが, 電源電圧を下げ過ぎると, タスクを処理する時間が長くなり, リアルタイム性が満たされなくなる.本稿では, タスクスケジューリングの際にCPU時間と電源電圧...を同時に割当てることにより, 時間制約を満たす範囲でのシステムの消費電力を最小化する手法を提案し, その効果をシミュレーション実験によって評価する.
This paper presents a real-time task scheduling technique for a variable voltage processor which can vary its supply voltage dynamically. On the variable voltage processor, task processing with lower supply voltage is able to reduce power consumption dramatically. But, lower voltage may violate time constraints of the real-time process. In this paper, we propose techniques by which CPU time and supply voltage are simultaneously assigned each task to minimize power consumption. Experimental results demonstrate effectiveness of the proposed technique.
続きを見る

本文情報を非表示

Okuma1 pdf 150 KB 47  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.06.06

この資料を見た人はこんな資料も見ています