<紀要論文>
運動継続のための新しいアプローチ

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 The purpose of the paper presented is to introduce a new approach, that adherence to exercise can have potentially far reaching implications towards an active life-style. What this paper would like t...o propose in relation to exercise is described as follows: In the present study, the important issues relating to prescribing an adherence to exercise regimes are: 1.exercise can improve psychological state, 2.bouts of exercise can be relatively shortened, 3.levels of intensity can be safely set by the individual. Within health promotion, important key words are utilized, such as advocate, enable and mediate. Health promotion empowers individuals to accomplish a higher level of health, at the same time future levels are enhanced, and improved health becomes easier through these ongoing actions. Also, these key words are important factors in the prescription of exercise methods. What is needed is to announce that moderately intense exercise enables a positive health benefit, without pain so often associated with vigorous exercise! Introducing an easier exercise program, an inactive person is helped to enhance their 'quality of life'. Regular exercise enables an enhanced and more independent, (self-help) life style. Therefore, physical education teachers, fitness and health professionals alike should advocate stipulating the benefits of 'low impact less intensive' exercise programs. Accomplishing an adherence to regular exercise is generally difficult, usually because people desire exercise plans to be defined, and not variable as previously mentioned.
本稿の目的は,運動アドヒレンスによって,活動的なライフスタイルを成し遂げるための新たなアプローチを紹介することである。本稿において次の運動処方について提案する;本研究において,アドヒレンスのための運動処方の重要項目は,1)運動によって心理的状態を向上させ ること,2)一過性の運動は比較的短いものであること,3)運動強度は自分自身で安全に設定できること,である。 ヘルスプロモーションにおいて重要なキーワードは,唱道,能力の付与,調停から成り立っている。ヘルス プロモーションは健康を成就する個人の能力を高め,健康の促進を容易にさせる。また,これらのキーワー ドは運動処方にも重要であろう。精力的な運動時の苦痛を伴わず,中程度の運動強度は健康の利益が獲得可 能であることを広く知らしめることが必要である。容易な運動プログラムを紹介は,不活動な人々は QOLを高めることの一助と成るであろう。規則的な運動は自立したライフスタイルを高めることを可能に する。そのため,運動・スポーツに関わる者は,実施に容易である運動プログラムの重要性を主張するべき である。運動アドヒレンスの達成は一般に困難である。そのため,人々は明確な運動処方のプランの提案を求めているのである。
続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000093108-00001 pdf 1.49 MB 1,054  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.09.08
更新日 2018.06.12

この資料を見た人はこんな資料も見ています