<紀要論文>
学生の健康度・生活習慣に関する診断検査の開発

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 In order to develop an evaluation scale with which the health level and life habit of individuals and groups can be objectively diagnosed, we analyzed 567 college and university students. The results... are summarized below: 1.58 questions, divided into 6 scales (health level, life habit behavior, exercise condition, dietary life condition, rest condition and sleep condition) to investigate the health level and life habit, were proven to be adequate by a double item analysis of the questions. 2.A factor analysis for each of the 6 scales was conducted to find the factor structure. A total of 16 factors were extracted and the factor validity was proven. 3.The reliability coefficient was analyzed for each of the 6 scales, and the reliability of each scales was verified. 4.Criterion-related validity for each of the 6 scales was analyzed, and the validity for each scales was proven. 5.Based on the above, we consider our test method to have been confirmed for its validity and reliability. Therefore, we produced the evaluation inventory by category and by factor, and the Diagnostic Inventory of Health and Life Habit (HLH.1) in which the individual profile diagram can be entered.
個人や集団の健康度や生活習慣の意識や行動を客観 的に診断できる評価尺度を開発する目的から,大学生 567名を対象に分析を行った。その結果はつぎのよう に要約できる。 1.健康度と生活習慣を調査する6つの尺度(健康度, 生活習慣行動,運動条件,食生活状況,休養状況, 睡眠状況)に分類される58の質問項目は,2つの項 目分析により妥当性が明らかにされた。 2.6つの尺度ごとに因子構造を明らかにするために 因子分析が行われ,合計16の因子が抽出され,因子 的妥当性が証明された。 3.6つの因子ごとに信頼性係数が分析され,各尺度 の信頼性が証明された。 4.6つの尺度ごとに基準関連妥当性が分析され,各 尺度の妥当性が証明された。 以上のことから,検査法としての妥当性や信頼性が 得られたものと考え,尺度,因子別の評価表を作成し, 個人のプロフィール図が記人できる「健康度・生活習 慣診断検査(HLH.1)」が作成された。今後,質問項 目をさらに精選し,診断検査としての妥当性,信頼性 を高めていくことが必要である。
続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000093102-00001 pdf 1.15 MB 3,058  

詳細

レコードID
selfDOI
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.09.08
更新日 2018.06.12