<紀要論文>
低水温下での着衣泳と水着泳による体温,ホルモンおよび代謝応答

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 The purpose of this study was to compare physiological responses during swimming with clothes and with swimsuit in 21℃ water. 6 male subjects swam breast stroke at submaximal intensities of 57% Vo2m...ax with clothes on and 40% Vo2max with swimsuit, in a swimming flume at 21℃ for 15 min. The variables measured included oxygen uptake (Vo2), rectal and three site (chest, arm and thigh) skin temperatures, blood lactate (La), epinephrine (Epi), norepinephrine (NE), glycerol (Glyce) and free fatty acid (FFA). Mean body, rectal, mean skin and thigh temperatures tended to be higher in swimming with clothes on than when using only swimsuit. But chest and arm temperatures tended to be higher when only swimsuit was used. La, Epi and NE tended to be higher when clothes were worn, while Glyce and FFA tended to be higher when only swimsuit was used. In this study, swimming intensity seemed to have greater effect than body temperature on catecholamine response. The present results suggested the need to examine not only different combinations of clothes but also their materials.
本研究では,水温21℃下での着衣泳時と水着泳時 の体温,ホルモンおよび代謝にかかわる血中基質の動態について検討することを目的とした。被験者は健康な男子大学水泳部員6名で,着衣条件として競泳用水 着に綿100%の長袖トレーナーとトレーニングパンツ,トレーニングシューズを着用した。泳法は平泳ぎとし,15分間泳がせた。水泳速度は水温26℃の水着泳で測 定されたVo2maxの50%を目安に着衣泳時と水着泳時の両方で等しく設定した。Vo2は着衣条件で有意差は認められなかった。平均 体温,平均皮膚温,胸部皮膚温,上腕部皮膚温および大腿部皮膚温は,水泳前後で有意に低下したが,着衣 条件では有意差は認められなかった。直腸温は水泳前後および着衣条件で有意差は認められなかった。血中 乳酸,エピネフリン,ノルエピネフリンおよびグリセロールは,水泳前後で有意に上昇したが,着衣条件で有意差は認められなかった。遊離脂肪酸は,水泳前後 および着衣条件では有意差は認められなかった。本研究の範囲では,運動強度の方が寒冷刺激よりエピネフリンおよびノルエピネフリン動態に強く影響していると推察された。また体温保持の観点から,着衣の種類だけでなく素材についても検討する必要性が示唆された。
続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000093098-00001 pdf 669 KB 180  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.09.08
更新日 2018.06.12