<紀要論文>
スポーツ競技におけるパフォーマンスを予測するための分析的枠組みの検討

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 The purpose of this study was to investigate an analytical framework for predicting competitive performance in accordance with the competitive anxiety model developed by the authors (1988). Question...naires were sent to 98 high school boys baseball teams participating in the final game of the pre-match for a National High School Baseball Tournament. The questionnaires were administered within one week after the competition in the tournament. The questionnaire consisted of Trait-State Anxiety Inventory for Sport (TAIS and SAIS), Diagnostic Inventory for Psychological-Competitive Ability (DIPCA), Diagnostic Inventory for Psychological Performance for Sport (DIPPS) developed by the authors (1988), as well as items tapping batting average, cognitive appraisal of the event, stage fright and coping with competitive anxiety. Out of a total of 463 athletes, 284 athletes filled out the questionnaires completely and were included in subsequent analyses. The results of Chi-square analysis revealed that there was a significant relationship between competitive state anxiety (SAIS) and the degree of stage fright. There was also a significant relationship between psychological performance scores (DIPPS) and the degree of making full use of one's ability. The results of multiple regression analysis also indicated that competitive psychological-competitive ability (DIPCA) was a significant predictor of psychological performance (DIPPS), and competitive trait anxiety (TAIS) was a significant predictor of state anxiety (SAIS). In addition, coping with competitive anxiety was a significant predictor for enhancing psychological performance and reducing anxiety. Unfortunately, no significant predictors of cognitive appraisal of the sporting event were found in this study. Suggestions for use of the scale and future research are discussed.
本研究はスポーツ競技のパフォーマンスを予測する ための分析的枠組みを検討するため、筆者ら(1988a) のスポーツ競技不安モデルに準拠し、競技特性不安、 競技状態不安、心理的競技能力、認知的評定、不安対 応策などの主要な変数を用い、重回帰分析法によって 検証したものである、調査対象は平成2年度第72回高 校野球選手権地方大会決勝戦に出場した優秀な高校野 球選手284名であった。主な結果を要約すると、つぎ に示すとおりである。 1)10項目からなる心理的パフォーマンス尺度得点は 実力発揮度と有意な関係がみられたことから、実力 発揮度を測定していることが示唆された。 2)心理的パフォーマンスを予測するとき、競技状態 不安独自に有意な説明力を持っていたが、これに不 安対応策の実施数を加味すると、さらに説明力が高 くなり12.2%を説明した。また、心理的パフォーマ ンスを心理的特性変数から予測するとき、競技特性 不安の有効性は認められず、心理的競技能力のほう が高い説明力(24.9%)を持っていることが明らかに された。 3)競技状態不安尺度得点はあがりの自己評価と有意 な関係がみられ、いわゆる「あがり」の状態を測定 していることが示唆された。また、その競技状態不 安を予測するのに競技特性不安が極めて高い説明力 (43.5%)を持っていることが分かった。しかし、認 知的評価は期待に反してその有効性は確認されな かった。
続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000093079-00001 pdf 775 KB 2,971  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.09.08
更新日 2018.06.12