<紀要論文>
男性耐糖能異常者の脂質代謝への体力,肥満度,インスリン抵抗性,性ホルモンおよび性ホルモン結合蛋白の関与

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 The purposes of present study were to evaluate the profiles of sex hormones level and lipid metabolism and to investigate the relationships of lipids and lipoprotein metabolism to sex hormones, sex ho...rmone-binding globulin (SHBG), insulin resistance evaluated by HOMA model, endurance fitness (estimated maximal oxygen uptake; VO2max) and some obesity indices in Japanese men with age-matched impaired glucose tolerance (IGT; n=19, 49±11 yr), non-insulin-dependent diabetes mellitus (NIDDM; n=40, 48±7 yr) and non-diabetic healthy control (n=167, 46±9 yr) groups. Criteria in Japan Diabetes Association was used in classification for diabetes mellitus. Body mass index (BMD and waist-to-hip ratio (WHR) in the both patient groups were significantly incresaed as compared with than that of control group (p<0.05). The levels of the serum free testosterone and high density lipoprotein cholesterol (HDL-c) in IGT and NIDDM groups were significantly lower than that of control group (p<0.05). Insulin resistance score increased in the order NIDDM>IGT>control. Siginificant correlations were observed between lipid metabolism and some obesity indices, VO2max, insulin reistance and SHBG in all subjects and patient groups. In multiple linear regression analysis in all subjects, VO2max and/or insulin resistance are significant independent varaibles for variance in lipid metabolism. In only patient group, to2max and/or SHBG are siginificant independent varaibles for variance of lipid metabolism. From these results, it was suggested that lipid abnomality may exist in patients with early phase of NIDDM and/or IGT, and decreased insulin sensitivity and lower endurance fitness level were contributed to their lipid abnomality.
男性糖尿病患者のFree TおよびSHBGは,コントロールに比較し有意に低いことが報告されている。今回は,年齢でマッチングされたIGT,NIDDMおよび健常者(C)群の性ホルモン,脂質代謝特性の違いを比較検討すると共に,その違いをもたらしている要因としての体力,肥満度,インスリン抵抗性,性ホルモンおよびSHBGの貢献度を検討した。年令に有意差を認めず未治療および非薬物療法下にあるIGT(n=19,49±11才)とNIDDM(n=41,48±7才)および健常男性(n=167,46±8才)を対象に,脂質代謝特性,SHBGおよび性ホルモン特性を比較検討した。性ホルモン関連としては,E2,Free T,DHEA-s,SHBGを分析した。脂質代謝指標としては,総コレステロール(TC),中性脂肪(TG),高比重リポタンパク-コレステロール(HDL-c),推定による低比重リポタンパクコレステロール(LDL-c)を分析した。インスリン抵抗性(IR)は,HOMAモデルを用い算出した。患者群のBMIおよびWHRは,C群に比べ有意な高値を認めたが,%fatおよびVO2maxには有意差を認めなかった。患者群のHDL-cおよびFree T水準は,C群に比べ有意に低かった。さらに,IGT群のTGは,C群に比べ有意な高値を,一方NIDDM群のSHBG水準は,C群に比べ有意に低かった。IRスコアーは,NIDDM>IGT>C群の順に高値を認めた。全症例を対象にした重回帰分析の結果,体力,WHRおよびインスリン抵抗性が脂質代謝の有意な独立変数であることを認めた。これら男性糖尿病患者のFree TおよびSHBGは,コントロールに比較し有意に低いことが報告されている。今回は,年齢でマッチングされたIGT,NIDDMおよび健常者(C)群の性ホルモン,脂質代謝特性の違いを比較検討すると共に,その違いをもたらしている要因としての体力,肥満度,インスリン抵抗性,性ホルモンおよびSHBGの貢献度を検討した。年令に有意差を認めず未治療および非薬物療法下にあるIGT(n=19,49±11才)とNIDDM(n=41,48±7才)および健常男性(n=167,46±8才)を対象に,脂質代謝特性,SHBGおよび性ホルモン特性を比較検討した。性ホルモン関連としては,E2,Free T,DHEA-s,SHBGを分析した。脂質代謝指標としては,総コレステロール(TC),中性脂肪(TG),高比重リポタンパク-コレステロール(HDL-c),推定による低比重リポタンパクコレステロール(LDL-c)を分析した。インスリン抵抗性(IR)は,HOMAモデルを用い算出した。患者群のBMIおよびWHRは,C群に比べ有意な高値を認めたが,%fatおよびVO2maxには有意差を認めなかった。患者群のHDL-cおよびFree T水準は,C群に比べ有意に低かった。さらに,IGT群のTGは,C群に比べ有意な高値を,一方NIDDM群のSHBG水準は,C群に比べ有意に低かった。IRスコアーは,NIDDM>IGT>C群の順に高値を認めた。全症例を対象にした重回帰分析の結果,体力,WHRおよびインスリン抵抗性が脂質代謝の有意な独立変数であることを認めた。これらの結果から,脂質およびリポ蛋白特性には,肥満度や相対的な性腺機能の低下の関与というよりは,むしろ体力,WHRやインスリン抵抗性の関与が示唆された。
続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000093043-00001 pdf 616 KB 197  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.09.08
更新日 2018.06.12