<紀要論文>
正常血圧者における24時間連続2回の血圧・脈拍パターンの再現性

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 The present study analyzes the 24-hour patterns of blood pressure (BP) and heart rate (HR) in an illustrative sample of clinically healthy adults who were monitored over two consecutive days. The aim ...is to provide group-qualified measures for the discrete and periodic variability of BP and HR, in addition to its use as a control of the short-term repeatability of such monitoring. One hundred and ninety-two clinically healthy subjects volunteered, and consisted of 75 males and 117 females, ranging in age from 18 to 86 years. The estimates refer to 1. time-qualified distribution, and 2. rhythmometric parameters. The biometric estimates indicate the existence of nychtohemeral variability and circadian rhythmicity in the 24-h BP and HR physiologic pattern. Such a time-dependent pattern is repetitive over two consecutive days of monitoring. Such a day to day repeatability in the daily BP and HR seems to be a characteristic feature of the normotensive status. The biometric methodology illustrated herein may thus be used to more advantageously describe the 24-h BP and HR pattern in stratified samples of subjects.
この研究では機器の解説資料作成のために募集された臨床的に健康な成人を対象に,連続2日間にわたって測定記録した24時間の血圧・脈拍を分析した。目的はこのような測定記録の短期間での再現性の対照基準を得るとに加え,血圧・脈拍の不連続な或いは,周期的な変動性に対する集団での基準を供給することである。192名(男75名,女117名,18〜82歳)の臨床的に健康な対象者が測定に自ら進んで参加した。評価は,1.時間ごとの分布,2.リズム解析の項目について行っている。生体測定結果は24時間血圧・脈拍の生理学的パターンに,非周期的な変動性と概日リズム性の存在を示唆する。このような時間に依存的なパターンは連続2日間の測定で繰り返される。この血圧・脈拍の,日から日への再現性は血圧が正常に保たれている状態の特徴であると思われる。ここに例証されている生体測定値の分析方法は対象者を層別化すると24時間血圧・脈拍パターンを更に良く示す。
続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000093027-00001 pdf 606 KB 58  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.09.10
更新日 2018.06.12