<紀要論文>
競技者の心理的コンディショニングに関する研究 : 試合前の心理状態診断法の開発

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 One Key factor in bringing an athlete's skill and talents fully into play is mental conditioning starting roughly one month prior to competition. This study focused on developing a method for diagnost...ically testing the athlete's psychological state prior to competition, which is useful for coaching in mental conditioning. A survey was conducted of 246 athletes belonging to sports clubs in order to develop a diagnostic method. Upon development of this method, we applied it to athletes at several clubs and examined the efficacy. The major procedure and results are as follows: 1. A questionnaire consisting of 20 items was prepared to diagnose the psychological state before competition. A survey was conducted using the questionnaire, and the data obtained was analyzed using a statistical technique. The results proved the validity of the questions and their reliability as a diagnostic test. The questions were categorized into 5 factors and 9 scales. 2. The athletes' psychological states before competition were compared using this questionnaire. The highest scoring group of athletes was the one undergoing special training with a definite goal of participating in the National Athletic Meet. It was also suggested that a continual survey with this questionnaire would facilitate the analysis of changes in the psychological state of the entire team, regular members and individuals, which would be useful for coaching in mental conditioning before competition. 3. Based on these results, and after proper formatting for a diagnostic test form, the Diagnostic Inventory of Psychological State Before Competition (DI PS-B.1) was produced.
スポーツ選手が試合で実力を発揮するためには試合前1カ月位からの心理的コンディショニングが重要である。そこで,本研究ではスポーツ選手の心理的コンディショニングの指導に役立つ検査法として試合前の心理状態を診断する方法を開発することを目的とした。スポーツクラブ所属者246名を対象に調査を実施し,診断法を開発すると共に,作成された診断法をいくつかのクラブに適用し,その有効性を検討した。おもな結果は,次のとおりである。1.試合前の心理状態を診断する方法として20項目からなる質問用紙を作成して調査を実施し,統計的手法を用いて分析した結果,質問項目の妥当性,テストとしての信頼性が証明され,質問項目は5因子,9尺度に分類することができた。2.作成された「調査票」を用いて,試合前の心理状態を比較した結果,国体強化選手という明確な目標を持っている集団は高得点を示した。また,継続的に調査を実施することによりチーム全体,レギュラー選手,個人の心理状態の変化を分析することができ,試合前の心理的コンディショニングの指導に役立つことが示唆された。3.これらの結果を踏まえ,診断検査用紙としての形式を整え,「試合前の心理状態診断検査(Diagnostic Inventry of Psychological State Before Competition,略してDIPS-B.1)」 を作成した。
続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000093016-00001 pdf 0.98 MB 538  

詳細

レコードID
selfDOI
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.09.10
更新日 2018.06.12