<紀要論文>
有酸素運動および筋力トレーニングが身体組成と体力へ及ぼす効果 : 高等学校女子生徒の体育授業を通して

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 This study was to examine effects of aerobics and weight training on body composition and fitness of overweight femaile, senior high school students. This investigation considered changes in levels of... physical fitness, muscle power, endurance capacity and body composition. Fifty-one female students, at two senior high schools, participated in the program. Twelve subjects from this group, whose Body Mass Index (BMI : kg/m2) was over 23.0, were selected for the trial. All fifty-one students attended a total of 20 classes, 3 times a week, over a period of approximately 2 month. In the trial group, a11 12 subjects showed a significant decrease in body measurements and 92% had a reduction in body fat. BMI decreased to an appropriate level for five subjects and nine increased their Lean Body Mass(LBM). Physical fitness, maximal aerobic power and muscle strength improved in all 12 members of the trial group. It was concluded from these results that aerobics and weight training was effective in reducing body fat and increasing physical fitness of overweight, female, senior high school students.
本研究は,高等学校正課体育授業の中で,自己の健康や体力についての意識を持たせながら,有酸素運動と筋力トレーニングを組み合わせて行わせることにより,体脂肪量を減少させ,かつ筋力,筋持久力,全身持久力などの体力向上の面からその効果を検討することであった。実験は,MとAの2高等学校3年生女子生徒51名の授業受講者を対象に行い,前後に,オリエンテーション,形態計測,体力測定を行い,Body Mass Index(BMI : 体重(kg)/身長(m)2)をもとに,BMIが23.0以上の過体重の生徒(n=12)を被験者とした。実験は,2校で同一の有酸素運動,筋力トレーニングプログラムを処方し,20時間(週3時間・約2ヵ月間)実施した。形態についてはすべての値において減少が認められた。体重が減少した被験者は,全体の92%であり,体脂肪量については,全員が減少した。また,BMIについては,12名中5名の被験者が正常域に移行し,なおかつ9名の被験者にLean Body Mass (LBM : 体重(kg)−体重(kg)×体脂肪率(%))の増加がみられた。体力面では,脚筋力,筋持久力,全身持久力ともに向上した。以上の結果から,有酸素運動と筋力トレーニングを組み合わせたプログラムは,体脂肪量を減少させ,体力向上を計ることに有効であった。
続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000092979-00001 pdf 372 KB 1,405  

詳細

レコードID
selfDOI
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.09.10
更新日 2018.06.12