<紀要論文>
九州学生ラグビーフットボール選手の脚筋力および形態・体力

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 The purpose of this study was to obtain the basic data on domestic Rugby football players. Thirty players, ages of 18〜24 (mean=20.9±1.17), were evaluated for lower limb muscular strength, physical and... performance characteristics in Kyushu collegiate rugby football league. All results were compared Division I (high-ranking, n=15, height ; 172.9±5.24cm, weight ; 75.1±8.39kg) with Division II (low-ranking, n=15, 174.0±4.1 5cm, 76.2±11.42kg). There were significant differences in the lower limb muscular strength (peak torque value adjusted for body weight), lower limb muscular endurance and several performance variables. But there was no significant differences in anthropometric details. The level of competition was higher at the Division I level and superior speed and strength were valued attributes. So it would be suggested effectiveness and importance of weight training on Rugby football players.
九州学生ラグビーフットボール連盟に所属する上位チーム(全国大学選手権出場レベル)および下位チーム(全国地区対抗大学ラグビー・フットボール大会出場レベル)の各15名の選手計30名について,形態測定,パフォーマンステストおよび等速性脚筋力測定を行い,上位チームと下位チームの結果について比較した。その概要は次の通りである。1.上位チーム(n=15)の身体特性は,身長172.9±5.24cm,体重75.1±8.39kg,体脂肪率17.7±3.91%,除脂肪体重61.7±5.81kg,除脂肪体重/身長35.6±2.77kg/m,胸囲95.4±6.14cm,上腕囲30.8±3.08cm,前腕囲27.2±1.62om,大腿囲58.1±5.21cm,下腿囲39.2±2.75cmであった。一方,下位チーム(n=15)では,身長174.0±4.15cm,体重76.2±11.42kg,体脂肪率19.4±5.18%,除脂肪体重61.0±5.82kg,除脂肪体重/身長35.0±3.04kg/m,胸囲96.4±7.57cm,上腕囲30.2±3.08cm,前腕囲27.0±1.44cm,大腿囲56.0±4.45cm,下腿囲40.0±2.97cmであり,両群間に統計学的な有意差は認められなかった。2.上位チームのパフォーマンステストの結果は,50m走6.65±0.27秒,垂直跳び56.6±4.42cm,ベンチプレス100.7±8.42kg,アームカール47.3±5.04kg,Vシット(腹筋)46.8±6.48回,握力(右)44.3±5.56kg,(左)41.7±4.48kg,背筋力180.9±32.94kgであった。一方,下位チームでは,50m走6.92±0.25秒,垂直跳び51.6±土6.24cm,ベンチプレス89.7±14.20kg,アームカール39.7±4.81kg,Vシット(腹筋)44.4±7.21回,握力(右)46.3±4.59kg,(左)42.9±5.79kg,背筋力172.0±26.75kgであり,Vシット(腹筋),握力(右・左),背筋力を除く全ての項目で上位チームの選手の方が有意に優れていた。3.等速性脚筋力のうち体重当たりのピークトルク値は,膝関節伸筋群(右足)の測定角速60deg/secでみられ,5%水準で上位チームの選手の方が大きな値を示した。4.等速性筋持久力については,膝関節屈筋群,膝関節伸筋群ともに5%水準で上位チームの選手の方が優れた値を示した。このような両群間にみられた有意差は,主としてウエイトトレーニングを含む総合的な練習内容の差によるものと考えられる。
続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000092978-00001 pdf 1.16 MB 594  

詳細

レコードID
selfDOI
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.09.10
更新日 2018.06.12