<研究報告書>
志筑忠雄訳「鎖国論」の誕生とその受容

作成者
本文言語
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 「鎖国」という言葉の元になった、志筑忠雄訳「鎖国論」がどのような契機で誕生し、それが19世紀の日本でどのように受容されたのかについて説き、「鎖国」言説が近代に誕生したことを指摘した。

本文情報を非表示

Shizuki_symposyum pdf 2.16 MB 1,740  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
NCID
注記
タイプ
時代・年代
登録日 2009.04.22
更新日 2018.08.31

この資料を見た人はこんな資料も見ています