<テクニカルレポート>
多視点カメラを用いた3次元人体動作の実時間推定

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 実生活環境において誰しもが利用可能な仮想環境インタフェースを構築するためには,機器の装着を強いられることなく,しかも実時間で人間の3次元的動作を計算機へ入力する手段が必要となる.本研究では,センサとしてカメラを用いて人間の頭部や手,足等の部位の3次元位置を追跡し,それらから人間の3次元動作を推定する手法について提案する.人体部位の追跡は色領域(blob)をベースに行い,複数視点からの観測結果を融合...して部位の3次元位置を安定に求めている.しかし,この手法だけでは人間の姿勢推定に必要な肘,膝の位置が得られないので,これらの位置を求めるために逆運動学を実時間で近似的に解く方法を導入し,人間の3次元姿勢を実時間で推定することを可能にしている.
This paper presents a real-time human capture using skin-color-based blobs and human motion synthesis based on real-time inverse kinematics. Our purpose is to do seamless mapping of human motion in the real world into virtual environments. In general, virtual environment applications such as 'smart' interface require real-time human motion tracking system without special devices or markers. However, since such vision-based human motion tracking system is essentially unstable and can only acquire partially observable information, we have to establish a robust estimation mechanism of visual features from the observable information. In this paper, we demonstrate a real-time and on-line interaction system using multiple cameras which realizes human figure motion synthesis from limited perpetual cues.
続きを見る

本文情報を非表示

IPSJ-CVIM01128009 pdf 1.38 MB 42  

詳細

レコードID
査読有無
権利関係
関連情報
関連情報
主題
ISSN
注記
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.03.22