<紀要論文>
中等度強度,長時間の水中歩行中のホルモンおよび代謝応答 : 陸上歩行との比較

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 This study compared the hormonal and metabolic responses to moderate prolonged walking both in water and on land. Eight healthy males (18-20 years) volunteered to be subjects. They walked for 60 min a...t 50% of their maximal aerobic power in water and on land. The water walking was performed with a water depth at the xiphoid level and a water temperature of 30°C. Measurements of the plasma growth hormone, cortisol, insulin and glucagon concentrations during water walking and recovery were found to be similar to those of land walking and recovery. In addition, the plasma free fatty acids and glycerol responses did not differ between water and land walking either during exercise or recovery. The plasma glucose concentrations decreased during water walking and were lower than those of land walking. These results indicate that when the subjects exercised at a thermoneutral temperature and moderate intensity, no differences in the responses of growth hormone, cortisol, insulin, glucagon, free fatty acids or glycerol concentrations were observed between water walking and land walking.
長時間の中等度強度での水中および陸上歩行に対するホルモンおよび血中基質の応答を比較検討した。水中歩行はthermoneutralな30°Cの水温,剣状突起位の水位で実施した。 両歩行時の酸素摂取量はおよそ50%VO2maxに相当し差は認められなかった。直腸温は両歩行中に漸増したが,安静時からの上昇は,陸上歩行に比べ水中歩行の方が小さかった。水中歩行中の成長ホルモンは30分目に増加し,以後順次減少した。コルチゾールおよびインスリンは水中歩行中に減少し,グルカゴンは歩行中および回復期を通じてほとんど変化が認められなかった。しかし,これらのホルモン分泌の動態は,陸上歩行と差はなかった。遊離脂肪酸およびグリセロールは両歩行中に漸増し,回復期に減少した。しかし,両歩行間に差はなかった。グルコースは,水中歩行中に減少し,陸上歩行よりも低い値で推移した。 Thermoneutralな30°Cの水温下での長時間中等度強度の水中歩行は,強度および時間が同一の陸上歩行と比べ,グルコースのみは低値であったものの,成長ホルモン,コルチゾール,インスリンおよびグルカゴン等のホルモン動態および脂質の代謝に差はないものと思われる。
続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000092959-00001 pdf 509 KB 172  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.09.10
更新日 2018.06.12