<紀要論文>
快適自己ペース走時の運動強度を規定する生理心理学的要因

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 The purpose of this study was to examine the psychophysiological factors that determine the exercise intensity (%Vo2max) of comfortable self-paced running. Seventeen male students ran on a treadmill f...or 15 minutes at a comfortable self-established pace and the relationship between psychophysiological variables and %Vo2max was investigated. Physiological factors, such as the heart rate, running speed and the Rating of Perceived Exertion (RPE) during exercise, were measured, and the %Vo2max and anaerobic threshold (AT) of the subjects were estimated based on the respiratory gas obtained during exercise. In addition, the blood lactate and plasma catecholamines, which indicated the response of blood biochemistry to exercise, were measured both before and after exercise. Psychological variables, such as personality, a type A behavior pattern, mood state and stress symptoms were also measured during the experiment. The %Vo2max during exercise indicated a moderate exercise intensity level, 60.7±9.60%. According to Pearson's correlation coefficients, the %Vo2max was significantly related to AT, the heart rate and running speed during exercise as well as the blood lactate and plasma catecholamine after exercise. Psychological variables such as a type A behavior pattern and personality trait, i.e. a lack of Agressiveness (Ag). General Activity (G), Rhathymia (R), or Ascendence (A), were positively correlated with the %Vo2max. Using the %Vo2max as a criterion for AT, personality trait and a type A behavlor pattern, the results of a multiple regression analysis indicated that a significant BETA of AT (BETA=.486, p <.05) and a type A behavior pattern (BETA=.460, p <.05) could be recognized. The data thus suggested that those with a high AT and a type A behavior pattern can therefore be expected to run at a higher intensity of comfortable self-paced running. The findings of this study therefore suggest that the exercise intensity of comfortable self-pace running depend on psychophysiological factors, AT and the presence or absence of a type A behavior pattern.
快適自己ペース走の運動強度を規定する生理心理学的要因を調べるため,男子大学生17名を対象として,15分問のトレッドミル走を行った。運動強度の規定要因分析には主に相関係数と重回帰分析を用いて検討した。結果を要約するとつぎに示すとおりである。1.快適自己ペース走はほとんどのものが満足のいくペースであったことを回答したことから,実験者が期待する走行が行われた。2.%Vo.max(60%)やその他の運動強度指標から快適自己ペース走は中等度の運動強度で走行されていた。また,%Vo.maxはRPEとの問には有意な相関は認められなかったが,走行スピードや運動後の血中乳酸値や血漿カテコールアミン値との間に有意な正の相関がみられ,快適自己ペース走での運動強度はそれらの血中生化学的成分値の変動と密接に関連することが明らかとなった。3.無酸素性作業閾値(AT)と%Vo.maxとの間に有意な相関がみられ,ATの高い者ほど高い運動強度で快適自己ペース走を行っていた。また,ほとんどの者がATかそれよりも低いレベルで走行していることから,快適自己ペース走る時の運動強度へのATの関与が示唆された。4.心理的要困では,快適自己ペース走時の%Vo.maxは感情状態との間には有意な関係はみられず,性格特性やタイプA行動パターンなどの特性変数との間に有意な相関関係がみられた。すなわち,攻撃性,一般的活動性,のんきさ,支配性を有する者,またタイプA行動パターンを有する者ほど高い運動強度で走行する傾向がみられた。5.重回帰分析の結果,ATとタイプA行動パターンで%Vo2maxを予測すると,46.8%が説明され,しかも両者に有意な標準偏回帰係数が得られた。これらにY-G性格特性の攻撃性,一般活動性,のんきさ,支配性などをそれぞれ加えても全体の説明は高くならなかった。以上示したように,快適自己ペース走の運動強度はATとタイプA行動パターンの影響を強く受けることが明らかにされた。したがって,快適自己ペース走を実施する際,そのような特性を有する者へは安全性の面から注意を要するであろう。
続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000092948-00001 pdf 819 KB 335  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.09.10
更新日 2018.06.12