<テクニカルレポート>
チップマルチプロセッサにおけるデータ・プリフェッチ効果の分析

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 複数コアを1チップに搭載するチップマルチプロセッサ(CMP)が注目されている。CMP は、複数コアで並列処理することで高い演算性能を達成することができる。しかしながら、メモリバンド幅の制約や複数コア搭載によるメモリアクセス頻度の上昇により、メモリウォール問題が深刻化する。主記憶のアクセス時間を隠蔽する方法のひとつにデータ・プリフェッチがある。CMP においてデータ・プリフェッチを行う場合、コア間の...相互作用があるため、シングルコアプロセッサとは異なる効果が現れる。そこで本稿では、CMP におけるデータ・プリフェッチが性能へ与える影響を分析した。その結果、プリフェッチしたデータが無効化される割合は極めて小さく、プリフェッチを発行したコア以外のメモリアクセス時間を隠蔽するプリフェッチが約5%あることが明らかになった。
Chip Multiprocessors (or CMPs) can achieve higher performance by means of exploiting thread level parallelism. Increasing the number of processor cores in a chip dramatically improves the peak performance. However, since the memory bandwidth does not scale with the number of cores, the negative impact of the memory-wall problem becomes more critical. Data prefetching is a well known approach to compensating for the poor memory performance, and has been employed in commercial processor chips. Although a number of prefetching techniques have so far been proposed, in many cases, they have assumed that the processor core in a chip is only one. In CMP chips, there are some shared resources such as L2 caches, buses, and so on. Therefore, the effect of prefetching on CMPs should be different from that on single-core processors. In this paper, we analyze the effect of prefetching on CMP performance. This paper first classifies the impact of prefetch operations issued during a program execution. Then, we discuss qualitatively and quantitatively the effect of prefetching to the memory performance. The experimental results show that the negative effect of invalidation of prefetched data is very small. In addition, it is observed that about 5% of prefetch operations improve the cache hit rates of other cores.
続きを見る

本文情報を非表示

fukumoto07_1 pdf 223 KB 42  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
関連情報
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.03.22